色々なSNSアプリとパソコンを持つ男性
  • ホーム
  • 中古ドメインを使用する時はここに注意!

中古ドメインを使用する時はここに注意!

パソコンとスマホ

中古ドメインにはドメインパワーがあり、被リンク数なども保有しているのでSEO効果を見込めるメリットを持っています。しかし中古ドメインを使用するにあたっては、幾つかの注意点があります。この点を間違えると、検索エンジンからのペナルティを適用されるリスクがあります。
まず注意するべきなのは、不正なリダイレクトと検索エンジンに判断される危険性です。リダイレクトとは、WEBページを訪問したユーザーに、別のURLの内容を表示することです。リダイレクトを行うことにより、中古ドメインの検索エンジンなどの過去の運営履歴についての評価を引継ぐことが可能になります。仮にリダイレクトを利用しないと、それまでに獲得していた評価を喪失するので、検索の上位表示などは消えてしまいます。SEO対策上はリダイレクトは必要不可欠と言えますが、ときには検索エンジンから不正なリダイレクトと判断される可能性があります。

リダイレクトがSEO効果の引継ぎではなく、不成功と認定される可能性が高いのは、低品質なサイトやリンク・ギャンブル系やアダルト系などのスパムを含む疑いがあるリンクなどが含まれている場合です。尤もアダルト系やギャンブル系だからといって、直ちに不正な被リンクと判定されるわけではなく、スパムやウイルスなどのリスクが高いリンクに注意が必要ということです。

不正なリダイレクトと判定されないために重要なのは、被リンクの品質を判定する外部調査ツールを活用することです。外部調査ツールで有名なのは、Googleサーチコンソールになります。サーチコンソールとはGoogleがサイト管理者などに向けて提供している外部調査ツールで、自サイトの検索エンジンからの評価や、どの検索クエリでユーザーが流入しているかなどの状況を解析できる機能を保有しています。サーチコンソールには自サイトで紐づいている被リンクの品質なども調査結果で表示される機能が実装されているのです。手動ペナルティが適用された場合も、コンソールを通じて通知される仕組みになっているのです。スパムやワードサラダなどの被リンクについては、サーチコンソールでリンク否認するなどの対策をとることで、不正なリダイレクトと判定されるリスクを軽減できます。

ところで低価格の中古ドメインの場合、過去の運用が原因でペナルティを受けている場合があります。いくら低価格でも過去の運用に問題があり、ペナルティを適用されているとSEO効果は見込めません。ペナルティの解除も容易でないことから、低価格な中古ドメインはジャンクの可能性があることを念頭に置くべきと言えます。

人気記事一覧