色々なSNSアプリとパソコンを持つ男性
  • ホーム
  • 中古ドメインを使うとSEOで有利って本当?

中古ドメインを使うとSEOで有利って本当?

パソコンを使用する男性

SEO対策において、中古ドメインを使用すると大きなメリットがあると言われています。
しかし新規ドメインを取得すれば、ドメイン名も原則的に自由に設定できるにも関わらず、あえて中古ドメインを導入することにどんなメリットがあるのだろうと疑問符を抱く方が多いのではないでしょうか。
過去に第三者の運用履歴があることが中古ドメインの特徴ですが、その際の運用履歴のいかんによっては、Googleなどの検索エンジンのガイドライン違反のコンテンツに違反する記事で更新をはかったことで低い評価を受けることになりえます。
その結果、検索結果下位に甘んじることになり、SEO対策の観点ではむしろ逆効果になることが予想されるからです。

中古ドメインには、このようなデメリットやリスクがあるにもかかわらず、SEO対策において有用性が高いとされているのは、それなりのパワーランクを持っているためとされています。
同じコンテンツを投稿した場合でも、新規ドメインに比較しても検索順位に大きな差がでるのは、ドメインパワーの違いとされているのです。
つまりドメインパワーを持っているおかげで、パワーランクが高く位置づけられ、同じ投稿内容でも検索結果の上位表示が見込めるのです。
これに対して新規ドメインではサイト運営履歴が白紙の状態なので、検索エンジンのクローラーにもインデックスされるまでの時間がかかるので、SEO効果を感じるのに時間を要してしまいます。

ところが中古ドメインの場合は、過去のコンテンツ投稿などの経験を持っているので、被リンク数もある程度蓄積されています。
被リンク数の多いページほど、一般的に検索エンジンからの評価も高くなるので、インデックスされるまでの時間短縮も出来ます。
新規ドメインでは数ヶ月程度、サイト運営を始めてから検索エンジンにインデックスされないことも珍しくありません。
ところが中古ドメインでは、過去のサイト運営の経験があるので、既にドメインパワーを獲得しています。
検索エンジンにインデックスされるまでの飛躍的な時間短縮に繋がるのでコンテンツのクオリティさえ確保すれば、検索結果の上位表示を実現できます。

つまり、中古ドメインを使うことのメリットは、過去の被リンク数の蓄積によってドメインパワーを持っており、パワーランクも高いことにあります。
コンテンツを投稿しても、短期間で検索結果の上位に表示されやすく、中古ドメインはSEOに有利と言えるのです。

人気記事一覧