色々なSNSアプリとパソコンを持つ男性
  • ホーム
  • ナチュラルリンクを増やす方法には無いが必要?

ナチュラルリンクを増やす方法には無いが必要?

WEBサイトやブログでSEO効果を得るには、自然な被リンク(ナチュラルリンク)を数多く獲得することと、ある程度のコンテンツボリュームを有することが必須と考えられています。Googleをはじめ検索エンジン大手は、ユーザーにとって雄勁な情報をもたらすコンテンツを高く評価する姿勢を鮮明にしています。
ナチュラルリンクを数多く獲得しているのは、ユーザーがコンテンツを参照して共感したり、問題解決に役立ったがゆえに、サイトを紹介する動機になっていると考えられます。
ユーザーが、役に立ったと判断したからこそ、外部サイトなどで紹介することで、自然な被リンクを獲得することが可能になります。従ってナチュラルリンクの数に比例して、コンテンツの内容は充実するものと検索エンジンは判断するので、ナチュラルリンクの数が多いほど価値が高いと評価されて検索結果にも反映される訳です。

ところで検索エンジンのクローラーは、記事を参照するときにはテキストを元にクロールして内容を理解しています。画像もalt属性を付与することで読み取ることは出来ますが、検索エンジンは検索クエリに対して回答を提供できるかを、基準に評価を下しています。例えば画像と見出しが同じコンテンツが二つある場合を考えてみましょう。
画像内容についてのテキストが充実したコンテンツの方が高く評価されます。従ってテキストが充実していることが好ましいので、ある程度のコンテンツボリュームが必要になるのです。

SEO効果を高めるには、ある程度のテキストが必要ですが、長文だからそれでよしと言うわけでもありません。随所に見出しを付けたり、アンカーテキストを活用するなどの工夫も効果的です。ナチュラルリンクを獲得するなどの外部対策の重要性は言うまでもありませんが、アンカーテキストやパンくずリストなどを設置して、サイト内部の階層をユーザーに了解しやすいように配慮する内部対策の充実も必須となっています。

ところで被リンクは数だけでなく、質もそろって高い価値をもつものと評価されます。リンク元とリンク先の関連性が強ければ、関連する問題にも簡単にアクセスできます。更新頻度を頻繁にしてコンテンツの数も質も維持することを心がけながら、被リンクについてリンク先とリンク元の関連性についてもサーチコンソールなどでアクセス解析することは、SEO効果をあげるために重要です。更新頻度を上げてナチュラルリンクを獲得するのはもちろんのこと、スパムリンクなどの問題のある被リンクはリンク否認も検討してみるべきです。