色々なSNSアプリとパソコンを持つ男性
  • ホーム
  • ソーシャルネットワークを活用してSEOをやる方法

ソーシャルネットワークを活用してSEOをやる方法

カーソル

FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)を活用することによる、SEO対策の可能性に注目があつまっています。ソーシャルネットワークサービス(SNS)とは、共通の趣味や興味の対象を巡ってユーザー同士で、つながったり情報のやり取りなどができるのが特徴です。
ユーザーの中で注目を浴びる記事に対しては、「いいね!」が数多くつくことでユーザー同士でコンテンツが紹介されて、広く共有されることも見込めます。尤もFacebook上で「いいね!」がついたりTwitterでリツィートされて数多くのユーザーでコンテンツ内容について情報が共有されても、直接的にはSEO効果を見込めないとされています。
これはGoogleの技術スタッフも明らかにしていることで、FacebookやTwitterなどのSNSではnofollow属性が付与されることが関係しています。
つまりSNS上で被リンクされても、その共有リンクによるリンクも無効化される仕様になっているからです。

被リンクの数の増加に繋がらないので、Googleなどの検索エンジンでの上位表示とは直接の関係はなく、単純にはSEO効果をもたらさないとされている訳です。
しかしながら質の良いページであれば、ソーシャルネットワークサービス上で共有され拡散されたことをきっかけに、各自のブログなどの外部サイトで参照される機会も増えることになります。その結果、参照リンクによる被リンクを見込めるので、SNSを利用することで間接的にはSEO効果をもたらすと評価することが出来ます。

ソーシャルネットワークサービスを活用したおかげで、自サイトへのアクセス数も増加し、自然な被リンクを獲得することにつながるので、SEO対策の一環として意義深いことといえます。自サイトにFacebookやTwitterへのリンクボタンを設置して、自サイトとSNSを紐付ける工夫をすることや、SNS上で積極的に情報発信や宣伝することは、今後のSEO対策を検討する上で必要不可欠な要素になっているのです。
今後もGoogleなどの検索エンジンにおいて検索結果の上位表示を期待するには質の良いページを作り上げて、更新することでコンテンツの充実をはかることの重要性が代わることはありません。しかしSNS上でも情報発信をしたり、積極的に自サイトを紹介宣伝するなどで、外部サイトからのアクセス数の増加を狙うという側面からSEO対策をすることの重要性は大きくなるものと予想されます。

人気記事一覧