色々なSNSアプリとパソコンを持つ男性
公開履歴
パソコンを持っている男性

WEBサイトを運営する際には、単にアクセス数を増やすことに自体に目的がある訳ではなく、検索エンジンの検索結果表示において、上位結果を目指すことを目的にします。アクセス数が増加すれば何らかの反応を見込める確率は高くなりますが、直接的には検索エンジンにおいて上位表示されることが、具体的目標となるのは確かでしょう。
そのための対策としてはSEO効果を最大限に高めることが有効です。WEBサイトの評価は検索エンジンのクローラーがインデックスしたコンテンツを高く評価してもらえるか、否かにかかっています。

SEO効果を最適化する上で重要なのは、被リンク数をいかに獲得できるかということだと言っても間違いありません。昨今の検索エンジンのアルゴリズムの更新や進化を前庭にすれば、コンテンツの質を高めることが検索エンジンからも価値のあるページと評価されるために不可欠になっています。
検索ユーザーにとって価値のある情報を含んでいると判断されれば、別サイトやブログなどに紹介されて、自然な被リンク数も増えることになります。スパム手法や、ワードサラダなどの検索エンジンのクローラーに検知されることを目的にした被リンクに対しては、Googleなどの検索エンジンからは、検索ユーザーにとって有益な内容を有していないものと判断されて、最悪の場合はガイドライン違反でペナルティを適用される可能性もあります。
スパム手法ではなく、あくまでコンテンツの内容に共感や支持を集めることで獲得した、自然リンクの数を増やすことがSEO効果を高める上では重要なのです。スパムサイトなどからの被リンクには、慎重に対処し調査する必要があります。調査の結果を参照して、ときにはリンク否認などで対処する必要もでてくるでしょう。リンク否認によって問題のあるサイトと無関係であることを自己証明するわけです。
被リンクを集めるためにサテライトサイトを立ち上げるというのも、あくまでメインサイトのコンテンツを補完する意味合いで設置することが大事です。コンテンツ同士の関係性の希薄なサテライトサイトを作っても、自然リンクと判断されない可能性があります。

ところで昨今のSEO効果を考える上では、ソーシャルメディアの存在を無視することは出来なくなっています。TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアは、nofollow属性になっているので、SEO効果はないと考えられてきました。しかしソーシャルメディアで取り上げられことで、トラフィックの増加に繋がることも珍しくないので、ソーシャルメディアも同時展開することが、SEO施策として重要です。